チームビルディング研修

head-teambuild2

こんなお悩みはありませんか?

一体感のない組織…
主体性のないメンバー…
表面的な人間関係…

理屈では解決できなかった
チームの問題の乗り越え方を伝授。

 

チームビルディングに必要なこと

チームで大きな成果を生み出すためには、信頼関係を熟成しすることが必要不可欠です。そのためにも、チームを組む目的や目標を設定し、そのことを分かち合い、違いを生かしあいながら前進すること。そして、仮に目の前に課題が立ち現れても、他者や環境のせいにするのではなく一人一人が主体的に「どうすれば超えられるのか?)を考え、仲間と対話し越えていくことが重要です。

「理屈」だけではチーム力は高まらない

チームビルディングをめぐる議論は世の中に溢れています。しかし、チームの一体感は体験を通してしか理解できません。本セミナーでは参加者の皆様に様々なアクティビティーを通してチームワークを体感し、相互理解と一体感向上について理解を深めていただきます。仲間と協力して失敗を恐れず挑戦する活動を通じて、最終的に生き生きとした自分の強いリーダーシップの確立を目指しています。

本プログラムで学べる3つのポイント

信頼
信頼のイメージ画像

目標
目標のイメージ画像

主体性
主体性のイメージ画像

 

チームの問題を乗り越える6つのプログラムをご提供

ライトプログラム【信頼】(3時間)

共に働く仲間を信頼できているのか?
そもそも、共に働く仲間に興味関心を向け出ているだろうか?

本プログラムでは、仲間を信頼することの重要性と意味を体験して通して学んでいただきます。

 

ライトプログラム【調和】(3時間)

日々の仕事の中で仲間と同じ目標に向かって歩めているだろうか?
仲間と強調することで今以上の成果を出せないだろうか?

本プログラムでは、成果を出す上で仲間と強調することの重要性を体験を通して学んでいただきます。

・アイスブレイク(グッドニュース)・インパルス・フープリレー
・ワープスピード・割り箸チャレンジ

ライトプログラム【挑戦】(3時間)

自分やチームの限界を勝手に決めていないだろうか?
日々の仕事を通して、自分や仲間を成長させるチャレンジができているだろうか?

本プログラムでは、成果を出す上で失敗を恐れず何度でも挑戦することの重要性を体験を通して学んでいただきます。

・アイスブレイク(グッドニュース)・ジャンケン「あいこ」
・進化ジャンケン・大縄チャレンジ

team-build001

ベーシックプログラム【達成】(6時間)

様々なアクティビティーに仲間とともにチャレンジする!
日々の自分たちの連携とコミニケーションのあり方を見直していく!
仲間と試行錯誤しながら、目的を達成する喜びと感動体験する!

・アイスブレイク(グッドニュース・あいこでジャンケン)・キャッチボール
・インパルス・トラストフォール・スタンドアップ・映像視聴
・エレクトリックフェンス・ポジティブフィードバック

team-build002

 

アドバンスプログラム【絆】(1泊2日)

様々なアクティビティーに仲間とともにチャレンジする!
普段は離せない本音を仲間とともに大和4分かち合う!
1泊2日でチームの一体感を高めチーム力の底上げをする!

1日目
・アイスブレイク(グッドニュース・母音紹介)
・進化ジャンケン・フープリレー
・トラストフォール・目隠しウォーク
・映像視聴・対話(互いの○と× →ビジョン共有)

2日目
・受け取り直し・ワープスピード
・エレクトリックフェンス
・ポジティブフィードバック

team-build003
※詳細な条件、ご要望をお伺いした上で最適なプログラムをご提案します。
※費用につきましてもその際別途お見積もりいたします。

 

よくあるご質問

お客様
Q:チームビルディングとは何ですか?

担当:青木
簡単に言うと『意識的にチームをつくること』です。もう少し言葉を補うと、『仲間が主体的かつ、互いの個性を活かしながら、一丸となって共通の目的達成に向けてチャレンジする組織をつくるための取り組み』と言えますね。

お客様
Q:なぜチームビルディングが必要なんですか?

担当:青木
一言で言うと、時代が「個の競争」から「チームの共創」に変化していることが挙げられます。近年のマネジメントスタイルは、「個」の力を重要視し、現場の自立自走を求める成果主義や目標管理制度など積極的に導入してきました。しかしながら、結果は限られたスーパースターを生み出し、組織全体からみると社員のおおかたは疲弊し、仕事に対する閉塞感、やらされ感が拡がっただけだと言われています。

担当:鶴田
現代は情報化が加速し、顧客(言い換えると現場)が沢山の選択肢を持てる時代に入り、経営環境は不確実性を増しています。そんな中で、成長戦略を描くためには一部のリーダーが旗を振り現場が指示を待つだけではなく、組織における持続的なイノベーションを創出する現場の主体性やチームでの実践が求められているからなんです。

お客様
Q:写真を見ると運動のようなことををしていますが、体力が無くても参加できますか?

担当:山口
ご安心ください。弊社で実施した研修では、10代から60代まで幅広い年齢層の方にご参加いただいています。それは、参加者の体力や年齢に合わせてアクティビティの内容も変更することが可能だからです。

お客様
Q:実際に研修に参加したメンバー同士のチーム力は高まりますか?

担当:青木
研修実施時点での参加される方々の関係性や研修の時間などによって効果に差が出できます。ただ、過去の事例で見ると、研修を通して「仲間との心の距離が縮まった」「はじめて、仲間と一つの目標を共有できた」「うちの会社には、こんなにも素晴らしいメンバーがいることにはじめての気付いた」などの感想をたくさんいただきます。

 

今スグ、ご相談下さい!

お客さまからのご質問ご相談を受け付けております。

2営業日以内に担当者よりご連絡いたします。

※お客様の個人情報は、弊社規定に従い適切に管理いたします。

 

お気軽にお問い合わせください。0120-117-450受付時間 9:30-18:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。